2014年11月05日

良い子は真似しないようにお願いします「巻き技」2014

今年度の全日本剣道選手権大会の準々決勝で
私の大学の後輩の西村選手が
(同門の後輩なので書かせていただきます)
鍔競り合い中にお相手の竹刀を弾き飛ばして
「竹刀落とし(離し)」の反則をさそいました。
それが同様に2回も起きたので
併せて「一本」となりましたが
あのような行為は、どのように考えればいいのでしょうか・・・
しかも、剣士としての名誉をかけた選手権大会です・・・

偶然の行為というよりは
また、一本を奪うための業前の崩しというよりは
「鍔競り合いの裏交叉の際に相手の竹刀をすっ飛ばすための技」であり
その「技(?)」を
明らかに洗練されたレベルで使いこなしているように見えました。

そのような行為で勝敗が決していたらとしたら
ご本人たちも、審判も、観衆も
後味悪い結果になるのではないかと思ったので
少しだけ書く気になりました。

実は、あの行為、
大学生の試合経験の豊富な選手は、よく行います。
「試合の公正を害する行為」ギリギリの許容範囲で行われます。
でも、あれほど上手にはできる人は少ないので
竹刀が飛ばされる場面までには至らずに終わっているのが大半です。
そして、行っている選手は
審判員の心証を悪くして
「損」します。
何度も行うと
「正しく鍔競り合いをしようとしていない」
「試合の公正を害する行為」
と判断されて、合議の上で反則になります。

しかし、
あんなに上手な見本(?)をテレビで見せられたら
「これは便利!」とばかりに
剣道の試合が大好きな小学生や中学生が
真似しだすのではないかと心配しています。

良い子は真似しないようにお願いしますね・・・

剣道で、お相手の竹刀落とし(離し)を誘う技に
「巻き技」があります。

ユーチューブなどでは
8段戦で奥山京助範士が森島健男範士の竹刀を
鍔競り合いの別れ際で巻き落とした場面が有名です。
http://videosoc.ru/video/cR1WPAyI5CI/video/
「巻き落とす」というより、その時は「巻き上げ」ましたから
竹刀は宙高く舞い上がり、場外まで飛んでしまいました。
当時、私は大学生として武道館でその場面を観戦していましたので
鮮烈な印象で記憶しています。

巻き技は、剣術からの流れでいえば
「鞍馬流の『変化』というすりあげ、すり落としの技が、
巻き落としに通じるということで、広く知られ研究されています。」
(鞍馬流剣術第十八代宗家 柴田章雄先生)

そして
故、岡田守弘範士などの場合、
「鞍馬流剣術の技「変化」で会得した竹刀の巻き落としを得意とした。
一度も打ち合いせず富山県警察部師範の松本重平は9回、
武道専門学校教授の佐藤忠三は6回も竹刀を飛ばされた。
大島治喜太も度々竹刀を落としたが、
大島は「そのような技をやっていると大成しない」
といって巻き落としを禁じ、
斎村五郎もこれに同調したため、
岡田は巻き落としを使わなくなった」
とされています。
(ウィキペディアより)

また、
ヤフー知恵袋で検索すると、このようなやり取りもありました。

質問:
剣道の巻き技って、相手の竹刀飛ばすためにやる技なんですか?
あんまり正当な技じゃないですよね?

回答:
飛ばすことが目的じゃありませんよ。
払いやすりあげと同じように、崩し技の一つです。
相手の竹刀をくるっと巻くと、相手の片手が
竹刀から外れる時がありますし、
巻かれたことで一瞬相手がドキッとする。
その隙をついて、中心を取って打突に行きます。
その結果、竹刀が飛んでしまうことがありますが、
その際には相手の竹刀が両手を離れた時点で
反則となるわけですが、飛ばした本人は
きちんと残心を取っていればなおOK。
とはいえ、かなり手首の冴えが必要になる、
なかなか奥の深い技だと思います。
ちなみに、上の先生には絶対にやってはなりません(^_^;)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1377631003
といったやり取りもありました。

鍔競り合いの別れ際や
中段に構えなおしたときの気の緩みを戒める意味で
師匠が弟子に巻き技を使うことはありますが
それ以外の場面で行うのは
一般的にはタブーといってもよいでしょう。

実際、
私の経験からも
師匠以外の方から稽古中にこれをやられると
かなり不快で
ムカつきます・・・・

肘や手首に腱鞘炎があるときに
これをやられると
かなりの激痛があるので
「やられたら倍返し」感が生じます・・・

良い子は真似しないようにお願いします
「相手の竹刀をすっ飛ばすためだけの巻き技」・・・・

註:ただし、手の内の鍛錬として巻き技を稽古して
体験しておくのは良いと思っています。
posted by カン at 08:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 剣道覚書
この記事へのコメント
今頃ですしあまり話に関係ないですが、準決勝ではなく準々決勝ですね
Posted by 失礼します at 2016年01月13日 20:15
修正しました。ありがとうございました。
Posted by カン at 2016年01月15日 07:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105263818
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック