2017年01月25日

ただねり込みて功をつむべし2017

館長備忘録 セカンドシーズン(60)
突き抜けることを祈念しています。
そのためには

ただねり込みて功をつむべし

鞍馬流教訓歌 
「器用をも得手も達者もたのむまじ ただねり込みて功をつむべし」
http://www.shuseikan.com/about_kurama/

寒稽古も終わり、今朝は普段の朝稽古でした。

IMG_0735_512.jpg
やや少し・・

IMG_0728_512.jpg
新7 A嬢 ただねり込みて功をつむべし

IMG_0740_512.jpg
最強戦士マモル翁 喜寿

短歌
「学生を 相手に喜寿の寒稽古
打ちて愉しや 打たるるも良し」
by マモル翁 2017.1

posted by カン at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚えておきたい言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178538398
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック